エアコンや照明に要注意!?2段ベッドの上手な置き方と配置の対処法

2段ベッドのレイアウトは決まっていますか?

せっかく選んで買った二段ベッドも
レイアウトしてみるとトラブルが発生する場合があります。

とくに問題が多いのは、エアコンや照明との配置
おしゃれ感や色だけで選ぶのは要注意なんですよ。。。

置いてからトラブル発生!?
買う前に知っておきたい!
2段ベッドとエアコンや照明の配置についてまとめてみました☆彡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

二段ベッドの上手な配置の仕方

  • 2段ベッドを置く前の注意点
  • 2段ベッドの理想的な配置について
  • エアコンの温度と風量調節の対処法
  • 照明の眩しさ対策と二段ベッド

2段ベッドを置く前の注意点

2段ベッドのサイズ確認、部屋の色彩にも上手にコーディネートできていますか?

二段ベッドは大きさも価格的にも失敗できないインテリア。

実は
家庭環境や大人や子供など、
使う人や性別などの組み合わせによっても選び方は変わってくるんですよ。

コーディネートする前に再確認!
使う人を意識して選ぶことがベストなんです。

2段ベッドの上手な選び方

二段ベッドのメリットは部屋の空間を有効活用できること。

エアコンや照明の配置やも考慮してコーディネートするのがポイントです。

2段ベッドの理想的な配置について

エアコンの風が直接人にあたっていませんか?
上段ベッドは照明で眩しくなってませんか?

動線を考えて二段ベッドをレイアウトしましょう。

エアコンの温度と風量調節の対処法

エアコンの温度問題で、お困りの人は意外と多いんです。

クーラーの冷たい空気は下にたまりやすく、
エアコンの温かい空気は上にたまりやすくなります。

特に二段ベッドは

夏は冷えすぎやすくなる下段。
冬はのぼせがちになる上段というふうに。

普通の寝具で寝るよりも、
空調温度の設定が難しくなります。

寝る人を比較して、
暑がりの人は下段に。
寒がりの人は上段に寝る工夫をするのも一つの解決策。

でも
寝るときは丁度いい温度と感じても、

夏の暑い時のクーラーの風は直撃すると、寝冷えや風邪や体調不良の原因になってしまいます。

寒い時のエアコンの暖房は部屋を乾燥させて、喉の不調や心地よい睡眠の妨害をしてしまいます。

だからといって
冷房や暖房を入れないままだと、快適な睡眠をえられません。

そして
部屋のスペースが狭く
空調がききすぎたり。

風が直撃して体に無理をさせる大問題も。。。

困る場合は、対処法として、
風量を調節してくれるアイテムを使うことをおすすめします。

二段ベッドの上段は天井から。
下段は上段の床板部分などにカーテンレールを取り付けて
『すだれ』やカーテンで風量調節をして直撃を避けてあげましょう。

カーテンの場合は、レースのカーテンがおすすめ。
ほどよく風通しも良くなり、心地よい風量調節がしやすいのが特徴です。

空調を使わない季節は開けっ放しにしたり。
寝るときにもカーテンレールに取り付けてあげると開閉は簡単。

適度な温度にしてあげるためにも二段ベッドに『すだれ』や『カーテン』などを取り付けてみるのがおすすめです。

照明の眩しさ対策と二段ベッド

私も二段ベッドの上段で寝ていた経験があるので分かるんです。

上に寝ていると照明が近くて眩しいんですよね。。。

使う人が一緒の時間に寝る場合だと問題ないのですが、

寝る用意や本を読んだりと時間に差ができると
照明はつけっぱなしで困るんです。

昔はLEDライトなんでなくて
特に夏は照明の近くは熱さを感じたりしていました。

ライトをLEDに変えてあげるのも対処法の一つ。

エアコンの時の風量調節と同じように、
『すだれ』や『薄手のカーテン』『レースカーテン』で遮光を和らげてあげるのも良いかもしれません。

長く起きている人の方を下段に寝てもらったり、
どうしても使う人で照明を消す差がある場合は

二段ベッドに照明付きを選んでおくのもベストです。

部屋全体の電気は消してしまっても、
それぞれの睡眠時間で就寝できるというメリットもあります。

それに
枕元に電球があるって実はとっても便利なんですよ。

ギリギリまで本を読んだり日記を書いたりも出来て体をリラックスさせる時間ができて、おすすめです☆彡

二段ベッドとエアコン配置まとめ

エアコンや照明に要注意!?2段ベッドの上手な置き方と配置の対処法はいかがでしたか?

大きく高さがある二段ベッドはエアコンや照明の配置を考えるとデメリットが多そう感じますが、
置いてからでもエアコン問題や照明の明るさも対処できるという事をしると、レイアウトも安心して二段ベッドを選びやすくなると思います☆彡

ベッドの知恵袋【家具ナビ】

ベッドの知恵袋・家具ナビ】では、

ベッドのメリットやデメリットなど欠点も利点に変える方法。

購入前のお悩み解決の仕方や、
買ってしまった後の対策など

失敗したくない上手なベッドの選び方をまとめています。

『おすすめベッドの選び方』で
あなたらしく素敵な部屋をコーディネートできますように☆彡

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする