安心・安全が最優先!大人が使う二段ベッドの注意点と上手な選び方

部屋がせまい・学生寮・兄弟や姉妹・ペンション・夜間勤務二人体制などの理由で、二段ベッドを使う大人の方が増えてきています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大人が使う二段ベッドの上手な選び方

2段ベッドは、どんなのが良いんだろうとお悩みですか?

用途・体型・体重によってもベッドを選ぶ基準って変わってきます。

インテリアの中で物理的にも金銭的にも負担の大きいベッドは納得できるものを買いたいですよね。

おしゃれ感を重視して見た目だけで選ぶと大失敗で後悔しちゃうかも。

失敗しない大人の二段ベッドの選び方とは?

    最優先するのは安心・安全であること。
    大人の2段ベッドの注意点と上手な選び方をまとめてみました☆彡

  • 大人が使うときは耐荷重が重要
  • 二段ベッドの床板の素材の注意点
  • マットレスで横揺れや防音対策
  • おしゃれで最適な大きさを選ぶ
  • 二段ベッドの便利な機能性
  • 二段ベッドがおすすめな人

大人が使う2段ベッドは耐荷重が重要

その二段ベッドは大人が使っても安心・安全ですか?

上段部分の破損落下事故が年間、発生しています。

とくに大人が使う場合は安心で安全な構造になっているかが重要。

ベッドを購入するときに『耐荷重〇〇kg』というのを見かけると思うのですが、

これは大抵のベッドの場合
静止時で垂直に荷重がかかったときに、どれくらいの重さに耐えられるかを表します。

たとえば『耐荷重100kg』というのは、
100kgの人は使えないのか?100kgで壊れてしまうのか?というわけではありません。

あくまでも100kgの重さには耐えられるということ。

安心で安全な選び方として
注意するべき点は、耐荷重・強度・耐震使用であるかどうか。

耐荷重が大きいほどベッドほど、骨組みがしっかりしていて乗り降りの時に揺れが少ないような気がします。

最近では地震対策として耐震性に優れた二段ベッドも出回っています。

耐荷重の数値を目安にして、
・しっかりした木材や連結金具(ボルト)などを使って強度があるかどうか。

・サイドフレーム亀裂落下事故を防ぐためにも『受け桟』が安心できる強度なのか。

・最適な太さがある骨組みなのか・・・などをしっかり確認しておきましょう。

また“はしご・階段”も大人が使っても、充分に耐えられる構造をしているかもチェックしておいてくださいね。

類似記事
デブや長身の体型でも大丈夫!大人用2段ベッドの最適なサイズの選び方はこちらから☆彡

二段ベッドの床板素材の注意点

大人は約コップ一杯分(250ml)の寝汗をかくそうです。

床板部分で通気性のわるい素材をつかっていると“カビ”がはえたりします。

ひどい時には湿気で“もろく”なると事故の原因にもなりかねません。

“すのこ” や “パイプ” タイプの二段ベッドは比較的、通気性がありオススメです。

ただ
床板部分が一般的に網状(メッシュ)になっている“パイプベッド”は寝返りをうつと【きしみ音】がする場合があり要注意です。

マットレスで横揺れや防音対策

私も昔、二段ベッドを妹と使っていましたが【キシミ音】は下段の方が反響します。

とくに下に寝ている人には『落ちてこないだろうか?』と不安で怖いんですよね。。。

音のお悩みが多いのか、
二段ベッド購入時に、付随しているマットレスが防音対策されている場合もあります。

使っている人の体型や体重にもよりますが、
厚みが8cm以上あるマットレスやポケットコイルマットレスがおすすめ。

とくにポケットコイルマットレスは
体圧分散してくれるので音も軽減されやすく、
寝返りを打ったときの振動が連結されたベッドに寝ている人に、比較的つたわりにくいのが特徴です。

『買ってしまったあとにキシミ音で失敗した!』という場合も、防音策として厚みのあるマットレスやポケットコイルマットレスに交換してみてはどうでしょうか?

二段ベッドを使っているうちに【キシミ音】が出始めたらボルトなどの固定部分を締めなおしてみると改善されるかもしれません。

おしゃれで最適な大きさを選ぶ

二段ベッドは高さがあるので、とくに狭い部屋だと圧迫感がでます。

その重厚感がおしゃれな場合もありますが、少しでもコンパクトに見せたいならナチュラルカラーや白いインテリアがおすすめ。

男性でも女性でも165cm以下の人が使う場合はショート丈の二段ベッドをセレクトすると部屋もすっきり!スペースも有効活用できてgood!

細めの人ならセミシングルのようなコンパクトサイズ。
ゆったり寝たい人にはセミダブルなど、二段ベッドの丈や幅はバラエティ豊富にあります。

お使いのパーソナリティによって最適な大きさを選ぶことも、失敗しない上手な買い方と言えそうですねw

二段ベッドの便利な機能性

上り下りが面倒くさいのが二段ベッドのデメリットの一つ。。。

階段やはしごで上り下りの回数が少なくなるような機能性のある二段ベッドを選ぶのもオススメです。

宮付き部分に“ちょっとしたもの”を置けたりw

手元に照明があって本を読めたり、
コンセントが付いているとスマホや携帯を充電できたり、機能性にすぐれていると便利ですよ。

私はアロマランプをコンセントにさして寝る前の楽しみにしていました。

また大人が使う“はしごや階段”は幅広タイプだと上り下りも楽チン☆彡

二段ベッドがおすすめな大人とは?

部屋がせまい!ベッドを二台並べて置くスペースがない時は二段ベッドはメリットが多いんですよ。

兄弟や姉妹・学生寮・ペンション・夜間勤務二人体制など複数で一つの部屋を共有している場合。
一人暮らしで二段ベッドの上下どちらかを収納として使う人もいるようです。

使う用途・体型・体重によって変わります。
失敗しないように、使われる大人に合う二段ベッドを上手に選びましょう☆彡

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする