大人用の二段ベッドに敷くマットレスや布団は?おすすめな選び方4つ

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

二段ベッドのマットレスは、
大人になるほど選び方が難しくなってきます。

体の特徴や身体的な悩みが年齢とともに出てくるので、
色やサイズだけ選ぶのはオススメできません。。

二段ベッドの上に何を敷くかは、
寝心地・体型・厚み・機能・体型によるお悩みで変わってくるんですよ。

また
上や下など寝る条件によっても、
2段ベッドのマットレスを変える事で、より快適な眠りをうながさすことができます。
大人用の二段ベッドに敷くマットレスや布団は?おすすめな選び方4つをまとめてみました☆彡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大人用2段ベッドのマットレスの選び方

    使う大人のパーソナルをしっかり考えて二段ベッドのマットレスを選びましょう。
    大人用の二段ベッドのマットレス、失敗しない上手な選び方のポイントは4つです。

    2段ベッドの敷きもの選びのポイント

    • 寝心地
    • マットレスや布団のどちらを敷くにしても、クッションの厚さや硬さがポイントになります。

    • キシミ音
    • 二段ベッドならではのお悩み、寝返り時のキシミ音がしにくいマットレス選びがオススメです。

    • マットレスのタイプ
    • 体型や年齢を重ねるにつれての体の悩みに沿った敷物選びが大切です。

    • 布団のタイプ
    • お布団で眠りたい人には、布団の素材で選ぶのがベストです。

では、
具体的にどんなマットレスや布団が、大人用2段ベッドにオススメなのか。
また、
パーソナルによって向き不向きもあります。

それをふまえて、
マットレスや布団を敷いた時のメリット・デメリットもご紹介します。

大人の2段ベッド快眠のコツは寝心地

    快眠できるコツは寝具の寝心地によって変わります。

    寝心地を左右する3つのポイント!

  • 体型に合う敷布団
  • 敷布団が体型にそってないと肩こりや腰痛の原因になることがあります。

    朝起きて体のどこかが痛む、重い場合はマットレスが体に合ってない場合があります。

    2段ベッドは寝ている人に応じてマットレスを選べるのが利点。

    パーソナルの体型に応じて何を敷くか変えれるメリットを生かして選びましょう。

  • 通気性がよい
  • 大人も年齢や性別によって寝汗をかく量が変わってきます。
    通気性や吸水性のないマットレスや布団を選ぶと寝心地に影響がでてきます。

    特に、
    2段ベッドの上の段は夏の冷房がききにくかったり、
    下の段は冬の暖房がききにくかったり・・・エアコンの調整が難しいのが現状。

    個室感のある二段ベッドは湿気がこもりやすくなりがちです。

    2段ベッドの材質が通気性の良いものを選ぶのもオススメ。
    ただ
    買ってしまった後は、マットレスや布団で調整するのがグッドw

    最近ではメッシュタイプのマットレスや、
    布団では、吸汗性も高い綿布団も売られています。

    寝汗をかきやすい人は寝具で、体温を調節できるものをセレクトしてみてください。

    ☆2段ベッドの関連記事☆
    お部屋の温度調節は出来ていますか?
    エアコンと2段ベッドの上手な配置と対処法はこちらから☆彡
  • 寝返りがうちやすい
  • 他の人と共同で寝る2段ベッドは
    振動やキシミ音が気になって、
    寝返りがうちにくいと感じることがありませんか?

    寝ている間も、その意識が働いて、
    統計的にも普通のベッドに比べて寝返りも少なくなるそうです。

    その上、
    寝返りのうちにくい寝具を選ぶと、
    さらに体が硬直してしまいがち。

    できるだけ寝返りが楽にできるマットレスや布団を選びましょう。

また、
眠りをさまたげないように
寝ている時の揺れやキシミ音を軽減する仕方は、
マットレスや布団で改善できるかもしれません。

二段ベッドのキシミ音を軽減する方法

一人で眠っている時には感じない、
寝返りや上り下りの振動が伝わりやすい二段ベッドのデメリット
上り下りの振動に気を付けることは出来ても寝返りまで制限できませんよね?

寝返りのキシミ音を、
少しでも軽減できる布団やマットレス選びが重要になってきます。

下に振動しにくい布団を選んだり、
コイル型のマットレスなどはキシミ音を吸収してくれるのでオススメです。

☆大人の二段ベッド関連記事☆
マットレスの横揺れや防音対策について
大人が使う二段ベッドの上手な選び方はこちらから☆彡

二段ベッドのマットレスの選び方

最近ではマットレスの種類も豊富になってきているのをご存じですか?

マットレスの種類

    メジャーなマットレスの種類をご紹介します。

  • 機能性で選ぶマットレス
  • ・ポケットコイル
    ・ボンネルコイル
    ・三つ折り(薄め)マットレス
    ・高反発マットレス
    ・低反発マットレス

       などなど。

    二段ベッドのマットレスは何を敷くかは、
    使う人の年代(若者・高齢者)や体の特徴。
    身体の不調(腰痛・膝痛)などにあわせてマットレスを選びが重要です。

    ☆マットレスの関連記事☆
    その体の悩み・・・マットレスで改善出来るかも!?
    腰痛を改善したい人のマットレスの選び方
    膝痛や高齢者におすすめのマットレスの選び方
  • 防かび・防虫のマットレス
  • 二段ベッドは高さがあるのでホコリの影響をうけにくく喘息や鼻炎などアレルギーをお持ちの方におすすめです。

    でも
    風通しが悪いコーディネートをしていたり、
    高さのある上の部分はマットレスも干しにくいのでカビやダニへの注意が必要。

    防かび・防虫(ダニ)など抗菌作用のあるものを選ぶのが良いかもしれません。

    マットレスの影響でアレルギーがひどくなるデメリットを最小限におさえましょう。

二段ベッドの敷き布団の選び方

どんな布団にも欠点と利点があります。どこを重要視するかによって選ぶ敷布団は変わってきます。
メリットとデメリットを知って、最適なお布団をお選びください。

お布団の種類

    メジャーな敷き布団の種類と特徴をご紹介。

  • 綿布団
  • 吸汗性も高い綿布団。
    天然素材は子供だけでなく大人の肌や体にも優しいのがメリットです。
    ある程度の重さもあるので布団を干す時の重さに負担がかかるのがデメリット。

  • 化繊(ポリエステル)
  • ホコリが出にくい素材で軽いのが特徴。布団の上げ下ろしも比較的、楽にすむのが利点です。
    化繊だけで出来ている布団は吸汗性が少ないのがデメリット。

  • 羊毛の布団
  • 吸湿性も備え、放湿性もあるので、寝汗などの湿気を外に逃がしやすいメリットもあります。
    動物性の素材は日陰干しをしましょう。また不潔にしているとダニなどの虫がわきやすくなります。
    ご家庭での、お洗濯が難しい素材なのでクリーニングなどコストがかかるかもしれません。

二段ベッドの敷き布団は何を選ぶかは
年齢(高齢者・若者)など使用する人の体の特徴。
身体的な悩み(腰痛・膝痛・アレルギー)などにあわせて式布団を選ぶ事が大切です。

また
メーカーや布団の種類によっても効果や特徴は大きく変わってきます。

毎日の快眠につながります、じっくり検討してから買いましょう☆彡

ベッドの知恵袋【家具ナビ】

大人用2段ベッドに敷くマットレスや布団は?おすすめな選び方4つで、お悩みは解決しそうですか?

 

ベッドの知恵袋・家具ナビ】では、

ベッドのメリットやデメリットなど欠点も利点に変える方法。

購入前のお悩み解決の仕方や、
買ってしまった後の対策など

失敗したくない上手なベッド・寝具の選び方をまとめています。

 

『おすすめベッドの選び方』で
あなたらしく素敵な部屋をコーディネートできる
【家具ナビ】を、よろしくお願いします☆彡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク